太白区でシンスプリント施術なら南仙台バランス整骨院

診療時間

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 【ランニング中、足のすねが痛くなった】
  • 【最近靴を変えてから運動したら足が痛い】
  • 【少し楽になっても運動したらまた痛みが足に出てくる】

シンスプリントとは|南仙台バランス整骨院

シンスプリントは下腿(脚の膝より下の部分)の内側に痛みが出る状態です。

下腿内側の痛みというのは、脛骨(向こうずねの骨)にそって痛みが多く出ます。

長距離のランニング、サッカー、バスケ、などの足を酷使するスポーツなどに多い怪我です。

1番の原因は走る、跳ぶなどの運動であり、オーバーユース(使い過ぎ)によって症状が出現します。

しかし、その他にも身体的な要因(骨格の異常、股関節、膝関節の異常、足首や足の指の動きが悪い、下腿の筋肉が弱い)や環境での要因(不良なランニングシューズ、硬い路面で走っている)などでも起こってきます。

 

シンスプリントをほっておくと|南仙台バランス整骨院

シンスプリントをそのままにして運動を続けるとスネの骨が疲労骨折を起こす可能性があります。

一度疲労骨折になると日常生活に支障をきたしたり、長期間スポーツができなくなってしまいます。

そうなる前に早めのケアが大切になってきます。

南仙台バランス整骨院ではシンスプリントの施術に力を入れています。

当院でのシンスプリントの施術|南仙台バランス整骨院

当院では大きく分けて3つの施術でシンスプリントの改善を目指します。

①ハイボルトで痛みの除去

当院ではハイボルトという特殊な電気を使った施術を用意しています。

この治療は痛み除去や傷ついた筋肉の組織の修復を速めてくれます。

シンスプリントの痛みで走ったり、ジャンプができない人でも痛みが緩和するので早い人であれば電気をかけた瞬間からできるようになる方もいます。まず痛みが取れないと色々な動作に制限をされるので当院では最初ハイボルトでアプローチしていきます。

 

②トムソンベッドでの骨盤矯正

シンスプリントは、スネの筋肉のオーバーユース(使い過ぎ)で起こります。つまりスネを使い過ぎなければシンスプリントの改善ができるのです。当院ではスネを使い過ぎない為には、姿勢が大切だと考えます。

そこで当院ではトムソンベッドという特殊なベッドを用いて骨盤矯正をして正しい姿勢にしていきます。

今までと同じ動作を繰り返してもスネにかかる負担を最小限に抑えることができるのです。

トムソンベッドでシンスプリントになりにくい身体に近づけます。

③楽トレでインナーマッスルトレーニング

当院では楽トレという特殊な機械でインナーマッスルのトレーニングをしていきます。

インナーマッスルが使える人は体幹が安定するので走る、ジャンプするといった動作の大きな手助けをします。

つまりインナーマッスルを鍛えるとより走ったり、ジャンプしたりという動作ができるようになり、同時にいい姿勢を保ち続けられるのでスネにかかる負担をさらに減らすことができるのです。

 

以上の施術のほかにもお家でできるストレッチなどお伝えしてシンスプリントが改善するだけでなく再発防止までやってきます。

 

 

お問い合わせ|太白区南仙台バランス整骨院

  • TEL 022-738-8408
  • LINE
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-1106
宮城県仙台市太白区柳生2丁目5-1
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ
  • バランス整骨院グループ

当院の院内ビュー

院内を360度ビューでご確認ください。矢印( > )を追うと院内を動けます。