太白区で変形性股関節症施術なら南仙台バランス整骨院

診療時間

変形性股関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 「歩くと足の付け根がカクカクする」
  • 「股関節に力が入らない」
  • 「つまずくことが増えた」
  • 「動かすと痛い」

そもそも変形性股関節症(OA)とは|南仙台バランス整骨院

変形性股関節症とは、生まれつき関節のかみ合わせが悪い臼蓋形成不全(骨盤のへこんでいる、お皿みたいな部分)や、加齢により股関節の軟骨がすり減ることで、痛みや動かしにくさ、両足の長さに違いが起きることです。

股関節は、丸い大腿骨の骨頭と、骨盤側で受け皿となるお椀型の臼蓋(きゅうがい)がはまってスムーズに動きます。

初期症状は、「起きたとき」や「立ったとき」「足を踏み出したとき」などに、足の付け根に違和感があります。関節軟骨がすり減ったり、変性が進むと痛みが増し、安静の時でも常に痛みを感じたり、夜寝ている間も痛みが続いたりします。こんな状態になると、やがて長時間の歩行や立ち姿勢がつらくなり、手すりなしでは階段を上れないなど、日常生活が困難になります。

問診を受け、股関節の可動域を確認した後、症状が重く股関節の変形が疑わしい時には、整形外科病院でレントゲン検査をします。

はじめは関節の軟骨がすり減っているだけですが、症状が進むと関節の隙間が狭くなり、軟骨の下の骨が硬くなります。

さらに進行すると、関節の中や周囲にトゲのようなものができ、骨に穴が開きます。

最後は、股関節の軟骨が減り、その下の骨が露出します。筋力が落ちると足やおしりが細くなり、左右の足の長さが変わることもあります。

軟骨が減り、骨の変形が一度始まると回復は困難なため、最初にしっかり調べて進行を食い止めましょう!

乳児期は股関節が未熟なので、日本では出生後4ヶ月目に定期検診を受けます。この検診を受けないと、青年期頃に症状が出るようになります。

欧米では、肥満による体重増加で関節の軟骨がすり減ることが多く、男女差はほとんどありません。日本での変形性股関節症の増加には、食生活の欧米化や肥満なども関係している可能性があります。

また、加齢により軟骨が弱くなり、長年の負担が積み重なってすり減ることも変形性股関節症の一因です。

日本は先進国の中でも高齢者が多いため、変形性股関節症の患者さんも増えています。痛みを緩和するには体重、食事の管理や運動による筋力アップ、筋力のバランスを取る必要があります!

当院の施術方法|南仙台バランス整骨院

当院では、ハイボルトという、痛みの原因を特定して施術を行う神経調整プログラムや、トムソンベッドやBL(ブロック)という、骨盤や姿勢を調整する骨盤プログラムをご用意しています。

筋力を鍛えるEMSトレーニングもあり、変形性股関節症で最も重要な筋力や、骨格のバランスの改善に効果的です!!!

変形性股関節症でお悩みでしたら、悪化する前に今すぐの施術をオススメします!

他にも、お身体について気になる点や不安がある場合は、いつでも当院へご相談ください!

お問い合わせ|太白区南仙台バランス整骨院

  • TEL 022-738-8408
  • LINE
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-1106
宮城県仙台市太白区柳生2丁目5-1
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ