太白区で四十肩・五十肩施術なら南仙台バランス整骨院

診療時間

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 「腕を持ち上げると肩に痛みがあります」
  • 「腕をあげるとズキズキする」
  • 「若いときの様に肩が上がらない」
  • 「夜間に鈍痛がある」

このまま放っておくと?|南仙台バランス整骨院

放置すると大変

  • 「睡眠不足になる」

  • 「不穏になる」

  • 「仕事の効率が下がる」

  • 「重いものが運べない」

激しい痛みを伴い、日常生活にも影響を及ぼすことがあります。

肩や腰の痛みが3ヶ月以上続いている方は、ぜひ専当院にご相談ください。

辛い肩こりに悩まされていた多くの方が、当院の医師の治療を受けて大きく回復しています。

四十肩・五十肩について|南仙台バランス整骨院

五十肩・四十肩は、50歳を過ぎてから現れる関節痛ではありません。

実際、20代でも同じような症状に悩まされている人はおり、40歳を過ぎてから自覚症状を持つ人が多いため、このような名称で呼ばれることが多いようです。

第1の期間である炎症期間は、組織の損傷に対する自然な反応です。

第2期(拘縮期)は、瘢痕組織が形成されたときに起こり、常に痛みがあったり、可動性が低下したりします。

最後の第3期(融解期)では、可動性が向上し、痛みも軽減されますが、完全な可動性は得られません。

一般的には、動作時と屈伸時の両方で制限が生じ、頭を触ろうとしたり、腕を胸に当てようとしたりすると違和感を覚えます。

しかし、同じような症状が長く続いていた人でも、違和感や硬さを感じ始めたときに確認することで回復する可能性があります。

炎症期には痛みが主な要因となるため、痛みを軽減するために最も適した電気療法である高電圧を用いて、最も痛みの原因となる神経の興奮を抑えます 。

拘縮期は可動域が狭くなり、動けない時期なので、可動域を改善するには筋肉を緩めることが最も効果的です。

可動域を改善するためには、ブロックと呼ばれる骨盤調整から始まり、全身の筋肉を緩めることが最も効果的です。

トムソンベッドでは、体重をかけた状態の身体を見ることができ、肩関節を中心とした骨格全体を矯正することができます。

再発防止のため、EMSトレーニングができる機械を使って、体を支えるインナーマッスルを電気刺激で鍛えます。

インナーマッスルは内臓の近くにあるという点で重要なので、トレーニングによって内臓脂肪を減らすのはとても簡単です。

体幹の筋肉は、姿勢を強化し、背骨の正しい配列を維持するために不可欠です。

特に内臓を支え、健康を維持するのに役立ちます。

お酒を飲む機会が多い方や、運動の習慣がない方は、インナーマッスルを鍛えるだけで、驚くほど体が変わります。

肩こりが改善され、疲れにくくなり、さらに体脂肪が減れば、人生をより楽しむことができるでしょう。

当クリニックでは、肩の痛みを和らげ、健康的でアクティブなライフスタイルを取り戻すためのサポートをします。

私たちは肩の痛みの専門家です。あなたの痛みを和らげ、好きなことができるようにします。

お問い合わせ|太白区南仙台バランス整骨院

  • TEL 022-738-8408
  • LINE
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-1106
宮城県仙台市太白区柳生2丁目5-1
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ