診療時間

スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介します

鈴木 大地

名前 鈴木 大地
出身地 仙台市泉区
血液型 O型
趣味 ジブリ映画鑑賞・ジブリ雑貨巡り
資格 柔道整復師

施術家になった理由

子供のころから親が整骨院に通っていて、行くたびに「今日は整骨院の先生とこんな話をしたよ」「こんな先生がいてね」と楽しそうに僕に話してくれていました。姉がケガをした時も同じ整骨院に通院していて、たまに付き添いで行ったり、僕自身も小さいころからバレーボールをしていたので体を痛めた時にはお世話になったりしていました。付き添いで行った時は一緒に遊んで待っていてくれたり、僕自身が施術を受けているときは親身になって話を聞いてくれたりと、まるで兄弟のように接してくれていました。そのため、小さいころから整骨院や柔道整復師というのは僕の中でとても近しい存在でした。

高校生の時にはチーム全員がお世話になっている整骨院があり、定期的に施術に通っていて実際に練習の場に来ていただくこともあったので、整骨院や柔道整復師の方が僕にとってさらに近い存在となっていきました。

高校2年生になるとそろそろ進路をどうしようかという話題が増えてきて悩んでいました。そんな中いつものように整骨院で施術をうけている際に、そこの先生に何気なしに「整骨院の先生ってどうやったらなれるんですか?」と聞くと、「専門学校や大学に通って国家資格をとるんだよ!」と教えてくれました。

専門学校…国家資格…。なんか、かっこいい!!!とビビッときました。

柔道整復師を目指してみたい!とそのまま話は盛り上がりました。そしてその次の施術の時にその整骨院の先生が色んな専門的な知識の本を持ってきてくれていて「もし興味あったら見てみてよ!」と本を貸してくれました。

初めて内容を見た時はちんぷんかんぷんすぎたのですが「これを覚えて仕事にできたらもっとかっこいいじゃん!」と一気に将来の自分を描いていました。
そんな流れで憧れと勢いだけでこの業界を目指しました(笑)

整骨院という場所は様々な業種の方や色んなお悩みを抱えた方に心から寄り添える事ができるので、施術や患者様とのコミュニケーションを通して僕自身も日々勉強と成長をさせていただいています。

そして地域に根差す整骨院の一員として、仙台に住む皆様の元気と健康に携われる仕事に誇りをもっています!

後藤 輝

名前後藤 輝
出身地登米市
血液型A型
趣味ネットサーフィン、読書
資格柔道整復師

施術家になった理由

初めまして。
甘いものとお酒が大好きな後藤輝といいます。

私は宮城県の登米市というお米が美味しくてのんびりと過ごすのに最適な田舎町で生まれました。
昔から運動が好きで兄の影響でサッカー三昧の日々を過ごす運動小僧でした。
運動をしていたころはケガも多く、接骨院にお世話になっていました。
通ううちに自分もケガで悩んでいる人を助けたいと思うようになり、柔道整復師の免許をとりました。

接骨院や整形外科で経験を積んで、今利府バランス整骨院で働かせて頂いています。
毎日、沢山の方のお体を診させて頂いていますが卒業されていく方の「ここに来て良かった!」と笑顔で帰られる後ろ姿を見ると、この仕事を選んで良かったなと思うと同時にもっと頑張ろうという気持ちになります。

これを読んでいる皆さんはお体に不調があり、悩んでいる最中だと思います。不安も沢山あると思いますが、私が全力でサポートさせて頂きます!一緒に乗り越えて、元気でやりたいことが出来る体を作っていきましょう!

大立目 直

名前 大立目 直
出身地 宮城県 登米市
血液型 B型
趣味 アニメ・漫画、釣り
資格 柔道整復師

施術家になった理由

はじめまして! アニメや漫画が大好きな大立目 直(オオダチメ ナオシ)と申します!
出身は、宮城県の登米市 米山町という所で生まれました。家の周りには田んぼしかないような自然豊かな場所です。
父や兄達がやっていた影響で柔道に興味を持ち、小学校から高校まで“家族の誰よりも強くなりたい”という思いで柔道に打ち込んできました!

しかし、高校に入ってからは怪我をすることが多くなり、だんだんと思うような結果が残せなくなっていきました。 頑張りたい想いとは裏腹になかなか治らない怪我…。

僕の町にはスポーツのケガに精通した病院がなく、片道1時間半かけて親が送り迎えをし続けてくれました。
高校3年生なり、最後の大会に向けて練習をしているときに事件は起きました。
投げられまいと踏ん張った際に僕の右膝が変な角度に捻れてしまい、その場で倒れこんでしまいました。
安全な場所に移動する為に立とうとした時に僕は事の重大さに気付きました。

「あれ?足に力が入らない…。」 すぐに病院に行って検査を受けました。 結果は一番聞きたくないものでした。
「前十字靭帯断裂」です。
スポーツ選手に多く、復帰する為には手術が必要な大ケガです。 手術してからリハビリに時間がかかるのが特徴で復帰まで平均で8カ月かかると言われました。もちろん手術せずにまともに試合なんて出来るような状態ではありませんでした。

「終わった…」 「あんなに頑張ったのに…」 言葉に出来ない絶望感…。

何より申し訳ないと思ったのは、怪我がちだった僕を文句1つ言わず整形外科に送り迎えしてくれていた親に対してでした。

もし、家の近くにしっかりケアしてくれる場所があったら、自分が大怪我することも親に負担をかけることもなかったかもしれないのに…。

そんなモヤモヤを抱えながら進路に悩んでいる時に見つけたのがこの仕事でした。
「この仕事に就けば自分と同じ悩みを持ってる人を助けることが出来るかもしれない!」 「あの時の自分を救えるかもしれない!」 そんな思いで柔道整復師を志しました。

僕は自分の経験から、怪我によって何かができなくなる辛さを知っています。 僕と同じ想いの人に本当に寄り添うことができると思ってます。

もし身体の不調や衰えによって、何かやりたいことを我慢したり諦めている。そんなことがあったら、些細な事でもいいので教えてください。

必ず解決策を探し出し、諦めていた事ができる身体になれるよう精一杯サポートします!
そんな思いであなたの大切なお身体と未来をお預かり致します。
ぜひ一緒に、しっかりと身体を良くしていきましょう!

川端 航

名前川端 航
出身地宮城県 仙台市
血液型AB型
趣味漫画・卓球
資格柔道整復師

施術家になった理由

はじめまして!漫画と卓球が好きな川端航と申します。

私は父の影響で一つ年上の兄と一緒に小学五年生から卓球を始め、小、中、高、大学と12年間卓球を真剣に取り組んできました。
卓球というスポーツを通じて、多くの辛いことや嬉しかったことを経験し、人として成長できました。
そして何よりたくさんの友人に出会えたことは私のかけがえのない宝物です。

そんな私が施術家になったきっかけは一緒に卓球をしてた兄が高校生の時に腰を壊してしまい、一年近く卓球できない身体になってしまったのが始まりです。
兄は一年後最後のインターハイが控えていたのでどうしても復帰したかった中、僕と兄がたまたま訪れたスポーツジム併設の整骨院の先生と出会いました。
その先生は「絶対大会までに間に合わせる」と言い、そこで施術とトレーニングで再発しない身体作りを兄に長い間指導していたのを横で見ていました。
その時僕が惹かれたのは高度な施術技術以外に、営業時間外にも練習を見て動きをチェックしてくれたことや休みの日にわざわざ大会に見にきてくれてテーピングをしてくれていたところを見て「僕もこの人のようになりたい」って強く思いました。
大学を卒業した後、資格を取る為に一般企業に勤め、学費を2年間貯めてアルバイトをしながら専門学校に通い柔道整復師の資格を取りました。
縁あってバランス整骨院グループを見学に行き、スタッフ1人1人が真剣に患者さんに向き合ってる姿や佐藤社長と話をした時に感じた熱意に心を打たれ、「ここに入社しなければ一生後悔する」と思い入社を決めました。

患者さんにはお身体以外にも仕事や子育て、プライベートでもたくさんの悩みを抱えていると思います。
心と体は繋がっているとよく聞きますが本当にそうで、心が落ち込んでると治るのも治りません。
体の痛みだけでなく心の痛みも取れるように、その痛みや悩みを少しでも解決できるようにお手伝いさせて下さい!

お問い合わせ|太白区南仙台バランス整骨院

  • TEL 022-738-8408
  • LINE
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-1106
宮城県仙台市太白区柳生2丁目5-1
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ