太白区で足首の捻挫施術なら南仙台バランス整骨院

診療時間

足首の捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 「足首をひねって痛い」
  • 「体操をしたら、腰がグキッとなって動けない」
  • 「腕をあげたら肩をひねって痛くなった」

捻挫について|南仙台バランス整骨院

捻挫とは、関節をひねってしまい、靭帯や関節包などの軟部組織や軟骨が損傷してしまうことです。

捻挫は、腰、首、足など全身の関節で起こりますが、特に足首の関節が1番多く起きやすいです。

海外では1日に2万件以上起きているという報告もあります。

①足首の捻挫

足首の関節の損傷で1番多いのが、外側にある外側側副靭帯の中にある前距腓靭帯が捻挫することです。

走った時、バスケやバレーボールで着地した時や、踵を返した時に捻挫しやすいです。

症状は、足首が腫れて痛みが起こり、数日経つと、くるぶしの下に皮下出血が見られます。

捻挫した後すぐは、痛すぎて立てないこともありますが、時間が経つと歩けるようになる場合もあります。

②首の捻挫

首は動かせる範囲が広く、頭部を支えている組織が弱いため、捻挫しやすいです。捻挫すると、肩や背中に痛みやしびれが起きる場合があります。

首の捻挫は日常生活でも起こりやすく、寝違えやむちうちもあります。

寝違えると、横に向いたり身体を左右に曲げたりする動作が制限されます。僧帽筋、胸鎖乳突筋などの、首の回りの筋肉が痛くなります。

③腰部の捻挫

腰をかがめて物を持ちあげて運んだり、野球やラグビーなどのスポーツをしたりすると起こります。またスポーツだけでなく、悪い姿勢や作業時の姿勢によっては、腰部を支える筋力が低下している時や筋肉が固い時に捻挫しやすくなります。 腰部の捻挫は、ギックリ腰とも言われ、突然起き上がったり身体をひねったりすると、痛みが起こります。さらには、腰部が動かしづらくなって、しびれが起こります。

首や腰だけでなく、手首や指などの小さな関節を痛めるのも、捻挫の特徴の一つです。

足首をひねったことがある方も、多いのではないでしょうか?

運動やスポーツをしない方でも、足首は歩くだけでひねってしまうことがあります。

当院の施術方法|南仙台バランス整骨院

捻挫の痛みには、ハイボルトという神経の炎症を鎮める施術が効果的です。

どこの部位を痛めたのか、検査で判断ができます。

また、「いつも右足だけ捻挫する」などのお悩みの方は、骨盤の歪みが原因で、右足をあげづらくなっている場合があります。

骨盤の歪みには、トムソンベッドが効果的です。

大きいな音が出ますが、痛みを感じることなく身体の矯正を行うことができます。

また、姿勢を支えるインナーマッスルの一つである腸腰筋が弱っていると、足を上げづらくなります。

インナーマッスルの筋肉量は、男性は18歳、女性は15歳がピークと言われていて、年々1%ずつ低下すると言われています。

「健康寿命を伸ばしたい!」という方にもオススメです。

捻挫の症状でお悩みでしたら、ぜひ一度当院にご相談ください。

お問い合わせ|太白区南仙台バランス整骨院

  • TEL 022-738-8408
  • LINE
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-1106
宮城県仙台市太白区柳生2丁目5-1
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ