太白区でドケルバン病施術なら南仙台バランス整骨院

診療時間

LINE予約

ドケルバン病

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手首の親指側が腫れて痛む
  • 手に力が入りにくい
  • 物をつかもうとすると手首の親指側が痛む
  • 手首をひねったりすると手首の親指側が痛む

ドケルバン病とは|南仙台バランス整骨院

ドケルバン病(ド・ケルバン病)は腱鞘炎の1つです。腱鞘炎とは腱を包む鞘である腱鞘に炎症が起こることを言います。ドケルバン病に関しては「長母指外転筋腱」と「短母指伸筋腱」という2つの腱を包んでいる腱鞘に炎症が起きている状態をさします。この2つの腱は手首や親指を動かす腱です。

 

出てくる症状として主なものは痛みになります。物を持つときや腕を捻るとき、体重が乗った際に手首の親指側に痛みが出現します。病院を受診した場合、飲み薬や注射などの処置を受けます。

 

ドケルバン病の原因|南仙台バランス整骨院

ドケルバン病の原因はいくつかあります。

基本的には女性の方がなりやすく内分泌(ホルモン)が関係しています。

 

1つ目は更年期障害です。更年期に入った女性の方は閉経に伴い「エストロゲン」という卵胞ホルモンの分泌が急激に減少します。このエストロゲンは女性らしい体つきを作る働きや、髪の毛や肌の潤いを保つ働きとともに、腱や関節の柔軟性を保つといった働きもあります。このホルモンが減少することで腱の変性が起こり腱鞘炎を引き起こしやすくなります。

 

2つ目は妊娠、出産、育児によるものです。妊娠の維持に必要なホルモンに「プロゲステロン」というものがあります。このホルモンには腱鞘を収縮させる働きがあり、腱鞘が狭くなることで摩擦を起こしやすくなって炎症を引き起こします。また長時間におよぶ赤ちゃんの抱っこも手首に大きな負担をかけてしまうので腱鞘炎になりやすいです。

 

3つ目はオーバーユース(使いすぎ)です。料理人や美容師など手首や親指を酷使してしまう仕事や、長時間のパソコン作業、スマートフォンの片手操作なども腱鞘への負担を増やします。スマートフォンの普及により近年増加してきている為、スマホ腱鞘炎と呼ばれることもあります。

 

4つ目は日々の不良姿勢によるものです。背中が丸くなっている状態だと腕全体が内巻きになってしまいます。そうなると筋肉や腱もねじれた状態になるので、その状態で負荷をかけ続ければ通常より発症のリスクが高くなります。

 

当院でのドケルバン病の施術|南仙台バランス整骨院

南仙台バランス整骨院では段階を分けて治療をしていきます。

 

まずは腱鞘で起こっている炎症を抑えていきます。当院ではハイボルトという特殊な電気治療器を使っています。電気を当てることで神経の興奮が抑えられ血流が回復します。そうすると新鮮な血液や空気が送られるようになり自然治癒力が増加します。その後負担を受け硬くなった筋肉や腱を緩めていくことで痛みが緩和されていきます。

 

ただ痛みそのものがおさまっても今まで通り手首や親指を酷使する生活を送っていれば時間の経過とともにまた炎症が起こってしまいます。その原因として挙げられるのは猫背や内巻き肩などの不良姿勢です。なので1度治った痛みを繰り返さないためには同じような負荷がかかっても崩れない体にしておくことが1番です。猫背の原因となってくるのは骨盤の歪みなのでトムソンベットを使った骨盤矯正で骨盤を整え正しい姿勢をとれる状態にします。

 

ドケルバン病でお悩みの方は

宮城県仙台市太白区柳生2-5-1 南仙台バランス整骨院にご相談ください。

【初回限定】通常価格6,400→HPを見たで2,980円

お問い合わせ|太白区南仙台バランス整骨院

  • TEL 022-738-8408
  • LINE
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-1106
宮城県仙台市太白区柳生2丁目5-1
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 荒井バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ
  • バランス整骨院グループ

当院の院内ビュー

院内を360度ビューでご確認ください。矢印( > )を追うと院内を動けます。