太白区で肋間神経痛施術なら南仙台バランス整骨院

診療時間

LINE予約

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 背中からわき腹にかけて痛みが走る】
  • 咳やくしゃみ、深呼吸をすると痛みが走る】
  • 【肋骨に沿って締め付けられるような痛みがでる】
  • 電気が走るような痛みを感じることがある】

肋間神経痛とは|南仙台バランス整骨院

肋間神経という神経が様々な影響で圧迫を受けることで出現する神経痛の1です。

病気ではありません。

ただ内科的な疾患の中に肋間神経痛と似たような症状がでる疾患もあるのでしっかりとした鑑別が必要です。

主な鑑別対象としては帯状疱疹、椎間板ヘルニア、側湾症などがあげられます。

肋間神経とは背骨(胸椎)から出てきている神経で肋骨に沿うように走行しています。

この神経が背骨同士の間や筋肉などからの圧迫を受け痛みを引き起こしているのが肋間神経痛の正体です。

また過去に帯状疱疹を経験されている方は帯状疱疹後神経痛といった症状が出てきてしまう事もあります。

背骨からわき腹にかけての痛みが出てきたとしても考えられる状態が複数あるのでなるべく自己判断はせず当院へご相談ください。

肋間神経痛の原因|南仙台バランス整骨院

原因として考えられるのは複数あります。

まずは内科的疾患が原因となっている物です。肋間神経痛を引き起こしてしまうものとしては椎間板ヘルニア、変形性脊椎症があげられます。

この2つはどちらも脊椎(背骨)の疾患で肋間神経痛以外にも腰の痛み、足の痺れなども出現する事もあります。

に帯状疱疹によるケースです。

初めは背中からわき腹にかけての痛みなのですが次第に蕁麻疹のような赤いぶつぶつや水ぶくれが出てきます。これは帯状疱疹ウイルスの感染によるものなので内科の受診が必要です。

帯状疱疹ウイルスはストレスや疲労の蓄積で感染リスクが上昇してしまいます。

内科的疾患がないのにも関わらずこのような症状が出てきてしまう場合は日々の不良姿勢が原因となっていることもあります。

猫背姿勢でのデスクワークが続いてしまうと背中が丸くなります。

丸くなる事で背骨同士のすき間が狭くなってしまったり、引き伸ばされた筋肉が固くなってしまい肋間神経の圧迫を起こしてしまうからです。

こういった場合は症状の治療だけをしても中々症状が改善しないこともあるので猫背事態を改善する必要性が出てきます。

当院での肋間神経痛の施術|南仙台バランス整骨院

症状の治療

まずは圧迫を受け痛みを出してしまっている神経の興奮を抑えるのが第一です。

とういんでは「ハイボルト」といった特殊な電気治療器を使っています。

痛みの緩和と神経の興奮を抑える効果のある治療器を使っています。

なので初期段階では炎症、神経興奮を抑えるところからスタートします。

治療を受けていても日々の生活での猫背姿勢が多いとそのぶん症状の緩和も遅くなってしまうのでそこも気を付けていただけると改善が早いです。

 

原因の治療

痛み自体が落ち着いてきたら再発防止のために猫背の改善に入っていきます。

猫背を改善する際は背中を伸ばしたり、胸を張っていればいいというわけではありません。

そもそもなぜ背中が丸くなってしまうのか。ここを明確にし、そこから治していく必要があります。

それは筋力低下により骨盤が後ろに倒れてしまう事です。骨盤が後ろに倒れることで重心が後ろに傾きます。

そのままでいると体全体が後ろに倒れてしまうので上半身を丸めてバランスをとります。

これが猫背の正体です。

骨盤が後ろに倒れたまま背中を伸ばしたり胸を張っても腰を反らせているだけなので今度は腰痛になってしまいます。

なので倒れている骨盤をしっかりと起こし、その骨盤を支え切る筋力をつけていく事が大切です。

筋力強化に関しては当院では電気を使った治療器を使っているので運動が苦手な方やそもそも痛みのせいで運動ができない人でも筋力を強化していく事ができます。

 

【初回限定】通常価格6,400→HPを見たで2,980円

お問い合わせ|太白区南仙台バランス整骨院

  • TEL 022-738-8408
  • LINE
  • ネット予約

診療時間

住所
〒981-1106
宮城県仙台市太白区柳生2丁目5-1
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院
  • 南仙台バランス整骨院
  • 荒井バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院-交通事故対応専門ページ
  • バランス整骨院グループ

当院の院内ビュー

院内を360度ビューでご確認ください。矢印( > )を追うと院内を動けます。